【高校生や大学生におすすめ】アパレルバイトの仕事内容や志望動機を解説!

アパレルバイト 未分類

アパレルバイトについて、あなたはどのようなイメージをお持ちでしょうか。

「立ちっぱなしできつそう」「服やおしゃれに詳しくなれそう」など、人によってさまざまな印象をお持ちでしょう。

では、実際のアパレルバイトの仕事内容はどのようなものなのでしょうか。

この記事では、アパレルバイトの仕事内容だけでなく、アパレルバイトのメリット・デメリット、さらに、志望動機や服装などの面接対策についてもご紹介します。

実際にアパレルバイトへの応募を検討するときに、参考にしてみてください。

アパレルバイトの仕事内容

アパレルバイトの仕事内容 アパレルバイトの主な仕事内容は、以下のようになります。

  • レジ打ち
  • 接客
  • 棚の商品のたたみ直し
  • 品出し
  • 新しく入荷した商品の検品
  • お店の清掃

アパレルバイトの仕事は、接客がメインになります。

接客は単に商品を売るだけでなく、お客さんへのコーディネート提案を含めた接客になるため、バイトを通じてファッションセンスを磨くことができます。接客をしているとき以外は、棚の商品をたたみ直したり品出しなどを行います。

アパレルバイトは接客業で、お客さんと直に関わる機会が多いので、元気で明るく接客できる人が歓迎されます。基本的に難しい仕事は無いため、高校生や大学生などバイト未経験者にもおすすめのバイトといえます。

アパレル関係のお店が忙しくなるのは夕方以降や土日なので、その時間帯でシフトに入れる学生を歓迎するお店は多数ありますよ。

アパレルバイトは高校生や大学生にもおすすめです!メリットについて解説

アパレルバイトのメリット

メリット①高校生や大学生でも安心して始められる

アパレルバイトでは、お店の商品を詳しく説明できるように研修制度を設けていたり、先輩スタッフのフォローがあったりするので、バイトデビューの高校生や大学生でも安心して始めることができます。

メリット②好きなブランドの服が社割で買える

アパレルショップで働くと、3割から6割くらいの割引で自社の服が買えることがあります。

なぜこんなに安く買えるかというと、服が単にハンガーにかかっていたりするよりも、おしゃれなスタッフが着ている方がお客さんの目につきやすく、販売促進につながるからです。

ファッションやおしゃれが好きな人にとっては、かなりうれしいですね。 好きなブランドの服に囲まれながら仕事ができて、さらに好きな服を安く買えるのはアパレルバイトの大きなメリットです。

メリット③コーディネートが学べる

アパレルバイトでは、お客さんにコーディネートの提案をすることが多いので、コーディネートのスキルが身につきます。

バイトをしながら自分のおしゃれ度やファッションセンスを磨けることができるのもアパレルバイトのメリットですね。ファッションが好きで、ファッションを極めたい人におすすめのバイトです。

また、コーディネートの他にも、服のたたみ方など日常生活にも役立つスキルが身につきますよ。

メリット④セールストーク力が身につく

アパレルバイトを経験することで、セールストーク力が身につきます。

商品に興味を持ってもらうにはどんな話し方をしたらいいか、商品のどの魅力を伝えればお客さんの購買意欲を刺激できるかを試行錯誤することで、セールストーク力が上がっていきます。

セールストーク力はどの仕事にも応用可能なスキルになります。将来、別の仕事をするときにも必ずあなたの役に立ちますよ。

メリット⑤アパレル業界の仕組みを勉強できる

アパレルバイトをすることで、どのような流通の仕組みで服が売られているのか、アパレルショップはどのように運営されているのかを肌感覚で学ぶことができます。

将来アパレル業界を目指している人にとっては、かなり大きなメリットですね。

また、未経験でもアパレルの販売員にはなれますが、アパレル業界でバイトをした経験者であれば、即戦力として就職に有利に働きます。就活で周りに一歩リードできますね。

アパレルバイトはきつい?デメリットについて解説

アパレルバイトのデメリット

デメリット①セール時期はかなり忙しい

アパレル業界には、目が回るほど忙しい時期が何度かあります。正月やお盆、クリスマス、ゴールデンウィークなどいわゆるカレンダー上のイベント時期が特に忙しくなります。

また、土日もお客さんの来店数が多くなるため、土日にシフトに入れる人がバイト採用の条件となっているお店も多いです。

アパレルバイトは、土日やイベント時期にバイトしたくない人には向いてないかもしれません。

デメリット②体力的にきつい

アパレルバイトは、常に立ちっぱなしの状態で勤務中に座ることがないので、足腰に負担がかかります。また、商品の棚卸しや在庫管理をする際には、商品の詰まった段ボールを持ち運びしなければならず体力を使います。

疲れてきたら、隠れたところでストレッチや簡単なマッサージをするなどして体への負担を軽減するよう努めましょう。

アパレルバイトの面接での志望動機の例文

アパレルバイトの志望動機

アパレルバイトの面接で使える志望動機3つをご紹介します。 ぜひ参考にしてみてください。

面接で使える志望動機①ブランドが好き

「私は以前からこちらのブランドが好きで、普段でも愛用しています。アルバイトを考えたとき、大好きな商品に囲まれて仕事をしたいと思い、こちらのお店を志望しました。アパレル業界は未経験ですが、これまでの接客業での経験を活かし、お客さんにすてきなコーディネートを提案することで、お店の売り上げアップに貢献できるよう頑張ります。」

面接で使える志望動機②体力がある

「高校時代は陸上部で3年間、朝も夜も休まず練習を続け、全国大会まで行くことができました。アパレルのバイトは一見すると華やかですが、体力的にきついと聞きます。体力に関しては自信がありますので、慣れないうちは迷惑をかけるかもしれませんが、持ち前のガッツと体力で必死に頑張ります。」

面接で使える志望動機③コミュニケーション力がある

「外交的な性格なので、初対面の人に話しかけることも抵抗がありません。こちらのお店でいつもスタッフの方にアドバイスをもらって洋服を購入していますが、いつ来店しても明るくさわやかに接客していただき、コーディネートについても的確なアドバイスをしてくれます。こちらのお店のスタッフのようになりたくて応募しました。持ち前のコミュニケーション力を活かして頑張ります。」

アパレルバイトの面接でのおすすめの服装

アパレルバイトの面接での服装

バイトの面接では第一印象が最も大事です。

そして、面接官の第一印象を良くするため服装選びは必須になります。

特にアパレルバイトは、服装選びのセンスが求められます。お客さんにとってバイトスタッフは歩く広告塔なので、バイトスタッフのファッションセンスがお店の売上に直結するからです。ファッションセンスの良さをアピールできれば採用間違いなしですよ。

面接時の服装は、可能であればそのお店で扱っている洋服を着用した方が好印象です。ただ、必須ではないので、清潔感があって礼儀正しい面接にふさわしい服装であれば大丈夫です。

どうしても服装選びに迷うようなら、応募ブランドのショップスタッフの服装をマネするのもありですね。実際にお店に出向き、スタッフの服装を確認してみましょう。

面接にふさわしくない服装

  • 帽子
  • サングラス
  • ダメージデニム
  • ノースリーブ
  • 派手な色使いの服装

最後に

アパレルバイトは、基本的に立ち仕事であり、繁忙期になるとかなり忙しく体力的にきついところもあります。

しかし、好きなブランドの服が社割で買えたり、コーディネートが学べたりと、おしゃれ好きにとってはメリットが多いバイトです。

興味があれば、この機会にぜひアパレルバイトにチャレンジしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました