パン屋バイトって実際どうなの?パン屋バイトで働こう!

パン屋バイト 未分類

パン屋バイトについて、あなたはどのようなイメージをお持ちでしょうか。「朝が早そう」「美味しいパンがいっぱい食べられそう」など、人によってさまざまな印象をお持ちでしょう。

では、実際のパン屋バイトの仕事内容はどのようなものなのでしょうか。

この記事では、パン屋バイトの仕事内容だけでなく、パン屋バイトのメリット・デメリット、どんな人に向いているかについてもご紹介します!

実際にパン屋バイトへの応募を検討するときに、参考にしてみてくださいね!

パン屋バイトの仕事内容

パン屋バイト

パン屋バイトの仕事内容は販売製造に分かれていますが、製造は調理経験が問われることも多いため、一般的なバイトとしては働くのは販売が現実的です。

販売スタッフの仕事内容は、レジ応対、パンの陳列、トングやトレーの補充、清掃などです。どれも単純作業なので、もちろん未経験者でも働けますよ!

パン屋バイトのメリット

パン屋バイトのメリット

おいしいパンが食べられる

働くお店によっては、まかないとして売れ残ったパンを安く買えたり、タダでもらえます。

新作パンの試食ができるお店もあるようです。

食費の節約になりますし、大好きなパンも食べられてパン好きにとってはかなりうれしいメリットですね!

焼きたてのパンの香りの中で働ける

パン屋といえば、「焼きたてのパンの香り」ですね!

パン屋バイトを始めれば、毎日大好きなパンに囲まれて、パンの香りに包まれながら働けますよ!

焼きたてパンの香ばしい香りと共に、さわやかにバイトをしたい人におすすめです。

接客スキル・コミュニケーションスキルが身につく

パン屋の販売スタッフとしてたくさんのお客さんの接客を経験すると、自然と接客スキル・コミュニケーションスキルが身につきます。

笑顔で相手に良い印象を与える接客スキル・コミュニケーションスキルは、日常生活はもちろん、さまざまな場面できっとあなたの役に立つはずです!

クレーマーが少ない

パン屋のお客さんは、比較的主婦やOLの女性が多いため全体的にクレームは少ないです。

バイトでお客さんに理不尽に怒られたくない人におすすめです!

パン屋バイトのデメリット

パン屋バイトのデメリット

身だしなみが厳しい

パン屋ではパンをむき出しで販売しているため、混入物が入りやすいです。

そのため、パンへの異物の混入を防ぐために、身だしなみについて厳しいパン屋が多いです。

当然、アクセサリーなどの装飾品は基本的に禁止ですし、爪も常に短く切っておくことが必要です。

朝が早い

パン屋は基本的に開店時間が早いため、朝が苦手な人には向いていません。

開店前の準備や仕込みなどを手伝う場合、朝の5~6時からのシフトを入れられる可能性もあります。

ただ、朝が早い分閉店時間も早いので、夜勤シフトがないところがほとんどです。

朝からガッツリ働いて、お昼以降に友達と遊びに行くなどメリハリのあるバイト生活を送りたい人に向いています。

パンの名前と値段を覚えなければならない

売り物のパンのほとんどにバーコードがついていないので、レジ打ちの際に正確に会計をするため、パンの名前と値段を覚える必要があります。パンの名前と値段を全て暗記しなければならないので、最初の頃は苦労します。

さらに、季節ごとに新商品が出るので、そのたびに新しく覚えなければならない面倒くささがあります。

意外と体力を使う

パン屋バイトは意外と体力を使います。大量の小麦粉を運んだり、重い天板や大きな器具を取り扱うことも多く、そのたびに力を使います。

また、常に立ちっぱなしの状態で勤務中に座ることがないので、その分体力を消耗することになります。

パン屋バイトに向いている人

パン屋バイトに向いている人

元気良くコミュニケーションをとれる人

パン屋バイトは接客業なので、お客さんと元気良く明るくコミュニケーションを取れることが大切になります。

少々つらいことがあっても、顔に出さず笑顔で明るく接客することが求められます。

効率的に動ける人

パン屋バイトは、特に朝のピーク時は忙しくなるので、テキパキと効率的に仕事をすることが求められます。

清潔感のある人

パン屋バイトはむき出しのパンをあつかう仕事なので、特に清潔感が重視されます。

派手なネイルやルーズな髪型、濃いメイクをしたいという人にはあまり向いていません。

最後に

パン屋バイトは、身だしなみに厳しく、意外と体力も必要なバイトですが、その分得られるものは多く、他の仕事でも活かせるスキルをたくさん習得できます!

そしてなにより、美味しいパンがあなたを待っています!

興味があれば、この機会に是非パン屋バイトにチャレンジしてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました