【高額報酬】治験バイトって実際どうなの?治験バイトで働こう!

治験バイト 未分類

治験バイトについて、あなたはどのようなイメージをお持ちでしょうか。「実験台にされそうで怖い」「いっぱい稼げそう!」など、人によってさまざまな印象をお持ちでしょう。

では、実際の治験バイトの仕事内容はどのようなものなのでしょうか。

この記事では、治験バイトの仕事内容だけでなく、治験バイトのメリット・デメリット、どんな人に向いているかについてもご紹介します!

実際に治験バイトへの応募を検討するときに、参考にしてみてくださいね!

治験バイトの仕事内容

治験バイトの仕事内容

治験バイトとは、新薬の効き目や安全性について確認するために、実際にその薬を試す被験者となるバイトです。実験台みたいで何だか怖いと思うかもしれませんが、治験バイトは厚生労働省の指導のもと、適切に管理された中で試験が実施されるので危険性はほとんど無いです。そして、安全性を確保すべく病院側も徹底した管理を行っています。事故が起こる可能性は極めて低いといえるでしょう。

そして、治験バイトには通院型と、入院型の2種類があります。

通院型

日帰り~数か月ほど定期的に通院して、検査と採血などをします。治験期間中は、日常生活で守らなければならないルールが決まっていますが、ルールさえ守っていればあとは自由に過ごすことができます。

入院型

入院中、スケジュール通りに食事して検査と採血をしたら、あとは好きなことをして過ごせることがほとんどです。ベッドでゴロゴロ漫画を読んだりスマホをいじったりできます。こんなことでお金がもらえていいのかと最初はびっくりするはずです。楽に高額報酬がもらえるので、退院後に他のバイトをするのがいやになってしまうかもしれません笑。

治験バイトのメリット

治験バイトのメリット

圧倒的に稼げる!

治験バイトの平均報酬額は通院型で1日あたり8,000円 、入院型で1日あたり18,000円とかなり高額です。1週間の入院で10万円以上もらえることもざらにありますので、これを3週間続ければもらえる金額は30万円以上にもなります!

普通に働くのが馬鹿らしくなるくらい、楽して圧倒的に稼げます!

無料で3食食べられる

治験バイト中は食事が3食出ます!

しかも、栄養やカロリーが計算された健康的な食事が食べられるので、健康的に過ごせます!

食費も浮いて、高額な報酬ももらえるので二重でうれしいですね!

社会貢献ができる

治験がおこなわれないと、せっかく新薬を開発したとしても実際にお店に商品を並べることが出来ず、新薬が世に出回らなくなってしまいます。治験バイトは、新薬の開発で現在病気で困っている人を間接的に手助けできるので、社会貢献の意味合いが強いといえます。

規則正しい生活が出来る

治験中は、起床時間や食事の時間、就寝時間等が詳細に決められ、みんな同じように規則正しい生活を送ります。普段の生活が不規則な人は最初は慣れないかもしれませんが、徐々に慣れていき規則正しい生活習慣・生活リズムを手に入れることができますよ!

無料で健康診断を受けられる

被験者が健康であるかどうかをチェックするために、無料で健康診断を受けられます。

普通に受診すれば高額な健康診断を無料で受診できるのはうれしいですね!

治験バイトのデメリット

治験バイトのデメリット

とにかく暇

治験期間中はとにかく暇になります。

1日のほとんどの時間が自由時間なため、時間をつぶせるものを持っていきましょう!

病院によっては、自習室もありますので勉強もできますよ。

治験期間中はルールを守る必要がある

治験期間中は、治験バイト全員が決められたルールを守る必要があり、生活にさまざまな制限がかかります。たとえば、以下のようなものは禁止とされています。

  • 激しい運動
  • 暴飲暴食
  • 市販薬の服用
  • 病院食以外の飲食(持ち込み禁止)
  • 飲酒
  • 喫煙
  • 病院からの外出  

起床・就寝・食事などの時間も決められています。

複数人一緒の大部屋になることがほとんどなので、まわりのひとへの気遣いと常識も必要になります。

毎日実施される採血

治験期間中、採血は毎日のように実施されます。治験と採血は切っても切り離せません。

治験バイトの種類によって採血の回数は違いますが、多い日は10回以上採血される場合もあります。

採血が極端に苦手な人には、治験バイトはおすすめできません。

治験バイトに向いている人

治験バイトに向いている人

ルールを守れる人

治験バイトは、新薬の正確なデータを測る必要があるため被験者にさまざまなルールを課しています。

ルールを守らなければ、治験期間の途中であっても家に帰らされてしまいます。

必要最低限のルールを守れる人が求められます。

時間に都合がつけられる人

治験バイトは、いつ何をするかといったスケジュールがあらかじめすべて決まっているため、そのスケジュール通りに病院に行かなければなりません。

長期の入院が必要な治験の場合は、比較的「時間がある」学生が向いています。

資格試験の勉強をしている人

治験病院の中には自習室を完備しているところもあり、静かな自習室で集中して勉強ができます。

しかも、「お金を稼ぎながら勉強ができる」ので、まさに一石二鳥ですね。

最後に

本屋バイトに向いている人

治験バイトは、楽なのに報酬が高額なため志望者が殺到します!良さそうな治験バイトの求人を見つけたら、すぐに応募しないと枠がすぐに埋まってしまいますよ!

なかなか経験できないことなので、興味がある人は一度治験バイトを経験してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました