【ゲーマー必見】デバッグバイトって実際どうなの?デバッグバイトで働こう!

デバッグバイト 未分類

デバッグバイトについて、あなたはどのようなイメージをお持ちでしょうか。「ゲームができて楽しそう」「ゲームができてお金ももらえて夢のよう」など、人によってさまざまな印象をお持ちでしょう。

では、実際のデバッグバイトの仕事内容はどのようなものなのでしょうか。

この記事では、デバッグバイトの仕事内容だけでなく、デバッグバイトのメリット・デメリット、どんな人に向いているかについてもご紹介します!

実際にデバッグバイトへの応募を検討するときに、参考にしてみてくださいね!

デバッグバイトの仕事内容

デバッグバイトの仕事内容

デバッグバイトは、発売前のゲームや発売された後のゲームをアップデート用にプレイし、動作に不具合がないかをひたすらチェックする仕事です。開発中のゲームは、プログラマーが予期しないバグが数多く存在しているため、デバッガーはゲームをプレイして、バグを発見するたびにプログラマーに報告します。

そのため、ただ単にゲームをプレイするだけでなく、バグの発見を目的としたテストプレイを行います。たとえば、ゲームの中で何度も同じ動作を繰り返したり、同じ敵とひたすら戦ったりといった感じです。

一日中ゲームをひたすらプレイ出来て、しかもお金もゲットできるのでゲーム好きには間違いなくおすすめのバイトです!

デバッグバイトのメリット

デバッグバイトのメリット

好きなことでお金が稼げる

ゲーム好きにとっては、好きなことをしているだけでお金がもらえるので、まさに「天職」といえます。仕事が趣味なのでストレスなく、むしろ楽しんで仕事ができる毎日が手に入ります!

デバッグバイトは、基本的に椅子に座ってゲームをするだけの仕事です。肉体的な疲労はないですし、こんなに簡単で楽な仕事はめったにありません!

対人関係のストレスがほとんどない

仕事で感じるほとんどのストレスは人間関係です。その点デバッグバイトは、黙々とゲームに没頭してプレイしながらバグを見つけていく仕事なので、人と関わることが少ないといえます。接客が苦手な人や、人と話すのが苦手な人には特におすすめです。

理不尽なお客さんもいませんし、気楽に仕事をすることができますよ。

発売前のゲームをプレイできる

ゲーム好きな人にとっては、誰よりも早く発売前の新ゲームをプレイすることができるのは、なにものにも代えがたい喜びですね!

やりがいを感じられる

デバッグバイトでバグをより多く発見することで、ゲームのクオリティがより良質なものとなり、あなたの仕事が多くの人の楽しみを作り出すために貢献することができます。

自分の仕事が多くの人に影響を与えられるという点で非常にやりがいを感じることができます!

デバッグバイトのデメリット

デバッグバイトのデメリット

長時間同じ作業をしなければならない

デバッグバイトは、ゲームのあら探しをするという重箱の隅をつつくような作業が仕事であり、しかも同じ作業を長時間延々と繰り返す必要があります。

長時間ひとつのことに集中し続けるのはけっこう骨が折れますよね。

ノルマがある

デバッグバイトは遊びではなく、あくまで給料の発生する仕事なのでバグを見つけ出さなければいけません。しかし、ゲームを制作している側からすれば、可能な限りミスがないようにゲームを制作しているはずなので、なかなかバグを見つけるのが難しい場合もあります。

バグが出ませんでしたという報告をすることはできないので、時に苦しみながらバグを見つけ出さなければなりません。

デバッグバイトに向いている人

デバッグバイトに向いている人

ゲーム好きな人

デバッグバイトは、ゲーム好きな人にとって趣味の延長線上の仕事といえます。ゲームのプレイに熱中していれば、1日があっという間に過ぎ去ってしまうことでしょう。ゲーム好きな人にとっては本当に天職といえますね!

根気強い人

デバッグバイトは長時間モニターと向かい合って同じ作業を繰り返すことが多いので、単純作業の繰り返しでも動じない根気があることはとても大切です。

単純作業の繰り返しの中でも、自分自身のモチベーションを上げられることも重要ですし、何よりもバグ自体が中々見つからないときもあります。そんなときでも根気強く粘りの気持ちで作業を進められる人に向いているでしょう。

最後に

デバッグバイトにはノルマがあったり、長時間同じ作業をしなければならなかったりと多少のデメリットはあるものの、ゲーム好きにとってはメリットの方がはるかに多い仕事といえます。

興味があれば、この機会に是非デバッグバイトにチャレンジしてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました