【掛け持ち・学生】ダブルワークにおすすめのバイト6選!

ダブルワーク 未分類

大学生活は、友達と遊びに行ったり彼女とデートしたり、普段の生活費などとお金がすぐに無くなります・・

もっと遊びにお金を使いたい大学生」「1つのバイトだけでは生活できない大学生」「あまりシフトに入れないバイトをしている大学生」には、ぜひ掛け持ちバイトをおすすめします。

そこで本記事では、「ダブルワーク・掛け持ちにおすすめのバイト」を6つご紹介します。

ウーバーイーツバイト

ウーバーイーツ

ウーバーイーツバイトの仕事内容は、料理の注文をアプリ経由で受け、それをお客さんに届けることです。

移動は主にバイク、自転車を使用します。

ウーバーイーツバイトは、空いた時間で働きたい時に働くというスタイルなので、自分の予定に合わせて自由に働けるのが一番の魅力です。

最近では大学生が多く働いており、授業の空きコマの時間に大学近辺で仕事をしている人も多く見かけます。

時給換算すると、平均1,000円~2,000円も稼げます。

どのようなルートで動けば効率良く稼げるか、ゲーム感覚でやってみると楽しめますよ。

ウーバーイーツバイトを極めれば、普通のバイトをするより稼げます。

家庭教師バイト

家庭教師バイト

家庭教師バイトの仕事内容は、「生徒のお宅に訪問して、週に1~2回程度のペースで、1時間~2時間ほど勉強を教える」ことです。

勤務時間帯は、生徒が学校から帰宅した後の授業になるので、夕方から夜にかけてが多いです。

家庭教師バイトは拘束時間が短いので掛け持ちにおすすめです。

また、自分の予定が空いている曜日、時間に合った生徒を受け持つことができるので、学校の授業、ゼミ、部活、サークル等との両立が可能です。

飲食店バイト

飲食店バイト

飲食店バイトは、ランチやディナーといったピークタイムが明確なので、掛け持ちしやすいバイトといえます。

飲食店バイトは週3~4日、2~3時間ほどの短時間で働くことができ、シフトの融通も利きます。

たとえば、居酒屋バイトは夜勤中心になるので、今のバイトが朝や昼間シフト中心なら掛け持ちしやすいでしょう。

コンビニバイト

コンビニバイト

コンビニは24時間営業なので、基本的に自分の好きな時間帯を選んで働けます。

たとえば、「6~10時の早朝だけ」、「23~5時の深夜だけ」など、隙間時間で働けるため掛け持ちしやすいバイトです。

朝から働くことも、夕方から働くことも、夜勤にすることもできます。

大学生の掛け持ちバイトとして最適ですね。

在宅ワーク

在宅ワーク

在宅ワークとは、その名のとおり自宅で仕事をすることです。

在宅ワークの種類として、「データ入力」「ブログ記事のライティング」「アンケートモニター」「採点バイト」「翻訳バイト」があります。

在宅ワークのメリットは、好きな時間に好きな場所で働けること、すべて自宅で完結できることです。

働く時間や場所は自由自在ですし、誰とも会わずに自宅で仕事は完結しますので、余計な人間関係に気を使う必要もありません。

実際、大学生で在宅ワークをしている人は近年急増しています。

また、パソコンがなくてもスマホでできる在宅ワークもあるので、初期費用もかかりません。

何かと予定があって忙しく、バイトのシフトが組めない大学生にとっておすすめのバイトです。

コールセンターバイト

コールセンターバイト

コールセンターは所属しているオペレーターの数が多いので、シフトの希望が通りやすいです。

なので、掛け持ちバイトにおすすめなバイトです。

飲食店などのバイトによくあるシフトカットも少ないので、計画的に大学生生活を送れます。

また、コールセンターバイトは肉体的疲労が無いので、掛け持ちバイトに適しています。

掛け持ちバイトを経験したことがある人ならわかると思いますが、掛け持ちバイトの疲労感は凄いです。

もう一つの仕事に支障をきたさないコールセンターバイトは、まさにもう一つの仕事としてうってつけのバイトといえます。

最後に

本記事では、もっと稼ぎたい大学生向けにおすすめの掛け持ちバイトを6つご紹介しました。

ただ、いくら上手にバイトのシフトを組めていても、無理に頑張りすぎて体を壊してしまったら元も子もありません。

掛け持ちバイトは特に、スケジュール管理と体調管理は必須です。

上手くバランスをとり、決して無理することなく、より有意義な学生生活を楽しんでくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました