【高校生にもおすすめ】ドラッグストアバイトの仕事内容や志望動機を徹底解説!

ドラッグストアバイト 未分類

ドラッグストアバイトについて、あなたはどのようなイメージをお持ちでしょうか。

「商品数が多いので、覚えることが多くてきつそう」「バイトを通じて出会いが多そう」など、人によってさまざまな印象をお持ちでしょう。

では、実際のドラッグストアバイトの仕事内容はどのようなものなのでしょうか。

この記事では、ドラッグストアバイトの仕事内容だけでなく、ドラッグストアバイトのメリット・デメリット、さらに、志望動機や服装などの面接対策についてもご紹介します。

実際にドラッグストアバイトへの応募を検討するときに、参考にしてみてください。

ドラッグストアバイトの仕事内容

ドラッグストアバイトの仕事内容 ドラッグストアバイトの主な仕事は、下記の内容になります。

  • レジ打ち
  • 品出し
  • 商品の棚卸し
  • 店内掃除
  • 商品の発注
  • 売場作り

ドラッグストアバイトの仕事は、薬を販売するため、元気で明るく清潔感のある人が歓迎されます。 やる仕事は多いですが、基本的に難しい仕事は無いため、高校生などバイト未経験者におすすめのバイトといえます。

ドラッグストアバイトは高校生にもおすすめ?メリットについて解説

ドラッグストアバイトのメリット

メリット①高校生でも安心して始められる

ドラッグストアバイトは、マニュアルや研修がしっかりしているため、いきなり一人でレジに出されることもありません。 また、品出しなど力仕事はありますが一つ一つの仕事内容は単純で簡単なものが多いです。 研修を受けたあとは誰でもすぐに仕事をこなせるようになるので、バイトデビューの高校生でも安心して始めることができます。

メリット②シフトの融通が利く

ドラッグストアバイトは高校生などの学生が比較的多いので、シフトはとても融通が利きます。 急な予定が入っても比較的柔軟に対応してくれるでしょう。

メリット③従業員割引がある

ドラッグストアは従業員割引制度を設けているお店も多く、日常生活に役立つ生活用品や食品や飲料水なども割引で買える場合があります。 一人暮らしをしている人にとっても、家族と同居をしている人にとっても、かなり大きなメリットですね。 また、ドラッグストアは化粧品も扱っており、化粧品のサンプルなどをもらえることもあり、女子にとっては魅力あるメリットのひとつといえます。

メリット④高校生など学生が多く、同年代の友達ができる

ドラッグストアバイトは、高校生や大学生が多く働いているので、同年代の友人も見つけやすく、バイトで友人を作りたいと考えている人にもおすすめです。

メリット⑤薬や商品の知識が得られる

ドラッグストアでバイトをすると、風邪薬や頭痛薬など自分や家族が体調を崩したときに役立つ商品の知識を得ることができ、今後、市販薬を購入するときに役に立ちますよ。 また、薬や化粧品の最新のトレンドに触れることで、流行にも詳しくなることができます。

ドラッグストアバイトはきつい?デメリットについて解説

ドラッグストアバイトのデメリット

デメリット①風邪を引きやすくなる

ドラッグストアには風邪を引いているお客さんが比較的多く、風邪をうつされるリスクがあります。 特に冬場は、風邪にかかるリスクが高くなりがちです。 ただ、換気を徹底しているお店が多く、マスクや手洗い、うがいをきちんとして、しっかり予防をしていれば、風邪にかかるリスクは極力抑えられるので大丈夫です。

デメリット②意外と重労働

ドラッグストアバイトは、常に立ちっぱなしの状態で勤務中に座ることがないので、足腰に負担がかかります。立ちっぱなしがつらい人は、隠れたところでストレッチや簡単なマッサージをするなどして体への負担を軽減するよう努めましょう。 また、ドラッグストアは商品数がかなり多いので、品出し作業は体力勝負です。商品によっては入れ替えが頻繁にあり、立ったりしゃがんだりを繰り返すので、腰に負担がかかります。でも、品出しをしていると、商品がどの棚のどこにあるのかが自然と覚えられるので、お客さんの案内をするときに非常に役に立ちます。

デメリット③覚えることが多い

ドラッグストアには、風邪薬や湿布等の薬剤の他にも、さまざまな日用品や食品も置いています。 なので、商品数がかなり多く、どの商品がどの棚にあるのか覚えるのがとても大変です。お客さんに商品の場所や説明を求められることが多いので、商品の棚の位置は全て把握する必要があります。 ただ、薬品などの専門的なことを聞かれた際は薬剤師に頼むことができるので、薬の専門知識は必要ありません。

ドラッグストアバイトの面接での志望動機の例文

ドラッグストアバイトの志望動機 ドラッグストアバイトの面接で使える志望動機3つをご紹介します。 ぜひ参考にしてみてください。

面接で使える志望動機①接客業がしたいから

「人と接することが大好きで、接客のアルバイトを希望しています。まず、お店の商品の陳列やレイアウトなどが見やすいので学べることが多いと思いました。また、こちらのお店はいつも明るく気持ちの良い接客をしてくださるので、私もここで働いてみたいと思っています。」

面接で使える志望動機②家から通いやすいから

「家から近いので、学校帰りや休日に通いやすいと思い応募しました。こちらのお店は普段から利用しているのですが、お店の雰囲気が大好きですし、スタッフの方の明るくて丁寧な接客が気持ちよく、私もこのお店でのアルバイトを通じて接客スキルやコミュニケーションスキルを学びたいです。」

面接で使える志望動機③扱っている商品が好きだから

「私は化粧品が大好きで、普段からドラッグストアで新商品探しをしています。アルバイトを考えたとき、大好きな商品に囲まれて仕事をしたいと思い、こちらのお店を志望しました。働くことになったら、化粧品だけでなく、他の商品にも詳しくなり、お客さんに楽しく買い物をしていただけるよう努力していきます」

ドラッグストアバイトの面接でのおすすめの服装

ドラッグストアバイトの面接でのおすすめの服装 バイトの面接では第一印象が最も大事です。

そして、面接官の第一印象を良くするため服装選びは必須になります。

そこで、ドラッグストアバイトの面接で好印象を与えるおすすめの服装についてまとめました。

上半身

ドラッグストアバイトは接客業のため、男女ともに清潔感のある服装を心掛けましょう。

髪色は基本的に黒で、前髪は目にかからない程度まで切りましょう。帽子はNGです。

襟のついたYシャツが一番好ましく、色も白やブルー系統のさわやかな色を意識しましょう。

パーカーは清潔感がないのでNGです。

カバンはトートバックやリュックなど、履歴書が入る大きめのものを用意しましょう。

下半身

パンツはきちんとサイズの合っていて、破れていないものを選びましょう。

色は黒や白などの単色で、柄はないものが無難です。ジーンズは清潔感がないのでNGです。

靴は革靴かスニーカー、色は黒や茶色、紺色など、抑えめの色にしましょう。間違ってもサンダルで行くのはNGです

高校生の場合は制服があるので、制服で面接に臨めば問題ないですよ。

最後に

ドラッグストアバイトは、商品数も多く最初のうちは覚えることが多くて大変だったり、基本的に立ち仕事のため体力的にきつい部分もあります。

でも、ドラッグストアバイトはマニュアルや研修がしっかりしているお店が多く、仕事内容も難しいものは無いので、高校生などバイトが初めての人におすすめのバイトです。

また、ドラッグストアバイトを経験することで、接客スキルなど他のバイトに応用できるスキルも身につきます。

興味があれば、この機会にぜひドラッグストアバイトにチャレンジしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました