ファストフードバイトは「楽」「きつい」どっち?メリットやデメリットについて解説!

ファストフードバイト 未分類

ファストフードバイトについて、あなたはどのようなイメージをお持ちでしょうか。

「ピーク時の混雑はかなり忙しそう」「覚えることが多くて大変そう」など、人によってさまざまな印象をお持ちでしょう。

では、実際のファストフードバイトの仕事内容はどのようなものなのでしょうか。

この記事では、ファストフードバイトの仕事内容だけでなく、ファストフードバイトのメリット・デメリット、どんな人に向いているかについてもご紹介します。

実際にファストフードバイトへの応募を検討するときに、参考にしてみてください。

ファストフードバイトの仕事内容

ファストフードバイトの仕事内容

ファストフードバイトの主な仕事内容は、「接客」「調理」の2種類です。

接客

接客の主な仕事は、基本的に以下の内容になります。

  • 注文の受付
  • 会計
  • 商品のお渡し

ほかにも、空いた時間でお客さんが飲食した後のテーブルを拭いたり、食器やトレーを片付けたりします。

床の清掃、ごみ箱のごみ袋の交換、トイレ掃除も定期的に行います。

調理

厨房でハンバーガーやフライドポテトなどの調理を行います。

調理と言ってもそれほど難しくはなく、基本的にはできあがっている料理を焼いたり温めたりするだけです。

しっかりしたマニュアルと研修制度がありますので、すぐに仕事をこなせるようになります。

調理未経験の人でも安心して調理バイトデビューを飾れます。

ファストフードバイトは「楽」「きつい」どっち?メリットについて解説

ゲームセンターバイトのメリット

バイトデビューでも安心して始められる

ファストフードバイトは、一つ一つの仕事が簡単であり、ほとんどの作業内容がマニュアル化されています。

研修を受けたあとは誰でもすぐに仕事をこなせるようになるので、バイトデビューの人でも安心して始めることができます。

シフトの融通が利く

ファストフードバイトは学生が比較的多く、働いている人数も多いのでシフトはとても融通が利きます

急な予定が入っても比較的柔軟に対応してくれるでしょう。

マルチタスク力が身につく

ファストフードバイトは、仕事に正確性とスピードを求められ、さらに突然の注文変更やお客さんからのクレームなどにも対応しなければなりません。

このように複数の仕事を同時平行で行う場合も多いので、ファストフードバイトで経験を積めば、さまざまな作業をテキパキとこなせるマルチタスク力が身につきます。

マルチタスク力は、どこの職場でもどんな仕事にも活かせる能力なので、ぜひとも身につけておきたいですね。

同年代の友達ができる

ファストフードバイトは、高校生や大学生が多く働いているので、同年代の友人も見つけやすく、バイトで友人を作りたいと考えている人にもおすすめです。

ファストフードバイトは「楽」「きつい」どっち?デメリットについて解説

ファストフードバイトのデメリット

スピード勝負で忙しい

ファーストフードバイトは、とにかく忙しくスピーディーな仕事が求められます。

その分、体力的にきついこともありますが、時間があっという間に経つというメリットもあります。

基本的に立ち仕事

ファストフードバイトは、常に立ちっぱなしの状態で勤務中に座ることがないので、その分体力を消耗することになります。

立ちっぱなしがつらい人は、隠れたところでストレッチや簡単なマッサージをするなどして体への負担を軽減するよう努めましょう。

休日は混む

ファストフード店は、休日になると老若男女のお客さんであふれかえります。

特に休日の昼間の時間帯はお客さんの人数がかなり多くなり、その分バイトの負担がきつくなります。

ファストフードバイトに向いている人

ファストフードバイトに向いている人

元気良くコミュニケーションをとれる人

ファストフードバイトは接客業なので、お客さんと元気良く明るくコミュニケーションを取れることが大切になります。

普段から笑顔でハキハキとコミュニケーションがとれる人であれば、すぐに仕事に慣れることができますよ。

チームプレーをこなせる人

ファストフードバイトは、他の飲食業に比べてお客さんが注文してから料理を出すまでのスピードが求められるので、スタッフ同士相互に連携を取って動く必要があります。

そのため、ファストフードバイトはチームプレーをこなせる人に向いています。

ファストフードバイトに向いてない人

ファストフードバイトに向いてない人

テキパキと作業ができない人

ファストフードバイトは、特に忙しい時間帯はお客さんを待たせないようスピーディーな仕事が求められます。

なので、テキパキと作業ができない人や、マイペースな人には向いてないといえます。

ルーティンワークが嫌いな人

ファストフードバイトは、基本的にマニュアル通りの接客をするので、毎日ルーティンワークの繰り返しです。

これを「同じ作業でつまらない」と思うか、「一度覚えてしまえば楽」と思うかはその人の性格によります。

自分のオリジナリティを発揮して働きたい人には向いてないといえます。

最後に

本屋バイトに向いている人

ファストフードバイトは、スピード勝負で忙しく体力的にきつい面もありますが、将来に役立つさまざまなスキルを身につけることができます。

特にマルチタスク力を極めておけば、ほかのどんな仕事をしたときでも必ず自分の武器となってあなたを助けてくれます。

また、ファストフードバイトはしっかりとしたマニュアルや研修制度が整っているところがほとんどなので、これからバイトデビューをされる人にうってつけの仕事です。

興味があれば、この機会に是非チャレンジしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました