【映画好き】映画館バイトって実際どうなの?映画館バイトで働こう!

映画館バイト 未分類

映画館バイトについて、あなたはどのようなイメージをお持ちでしょうか。「映画が好きな人が多そう」「仕事内容が楽そう」など、人によってさまざまな印象をお持ちでしょう。

では、実際の映画館バイトの仕事内容はどのようなものなのでしょうか。

この記事では、映画館バイトの仕事内容だけでなく、映画館バイトのメリット・デメリット、どんな人に向いているかについてもご紹介します!

実際に映画館バイトへの応募を検討するときに、参考にしてみてくださいね!

映画館バイトの仕事内容

映画館バイトの仕事内容

映画館バイトは主に4つの仕事内容に分かれており、それぞれ仕事内容が異なります。

ボックス(チケット販売)

基本的な仕事はチケット販売です。しかし、最近は自動発券機を導入している映画館がほとんどなので、無くなりつつあるポジションです。

フロア

チケットのもぎりや座席への案内、館内アナウンスのほか、グッズの販売業務や館内清掃を行います。さまざまな雑務をすることが多く、何でも屋さんといえます。

コンセッション(売店)

ポップコーンやホットドッグ、ドリンクなどの製造・販売を行います。

プロジェクション(映写)

映画の上映のために、フィルムを回して映像を映す仕事です。責任重大なポジションで、社員かベテランバイトしか任されません。

映画館バイトのメリット

映画館バイトのメリット

最新の映画情報をいち早くゲットできる!

映画館には常に最新の映画情報が届くので、最新作についての情報を先取りできるのは映画好きとしてはうれしいメリットですね!

映画のリアルな生の評価がわかる

映画の口コミはネットでいくらでも見れますが、お客さんのリアルな生の評価と食い違うことも多々あります。

その点、映画館バイトをすることで、劇場から出てくるお客さんの表情や会話、雰囲気からその映画のリアルな生の評価を直に肌で感じることができます。

良い作品と悪い作品とでは、お客さんのリアクションが全然違うのでわかりやすいですよ!

映画好きの友達ができる

映画が好きという理由で映画館バイトを選ぶ人はたくさんいます。

映画館バイトをすることで趣味の合う映画好きの友達ができますよ!

大学生など同年代が多い

映画館はスタッフの人数が多く、そのほとんどが大学生です。

若い世代が多いので、職場内でジェネレーションギャップを感じることも少なく、みんなで楽しく仕事ができるでしょう!

異性との出会いが多い

映画館バイトの男女比は大体半々なので、異性との出会いも期待できるバイトです。

若い世代で同年代が多く、「映画」という共通の趣味があるため、カップルになる確率が高めのバイトといえます。

従業員割引がある

映画館バイトの大きなメリットの一つが従業員割引です。働いている映画館で上映している作品を3割引き、半額で観れたり、太っ腹な映画館にいたっては無料で作品を観ることができます!

映画好きな人にとっては、これ以上ないメリットですね!

映画館バイトのデメリット

映画館バイトのデメリット

週末や大作の公開日は忙しい

劇場が満席にでもなれば、掃除も一苦労です。週末や大作の公開日は特にお客さんの人数が多くなるため、その分掃除が大変になります。

床には当然のごとくポップコーンが散らばっていたり、ジュースがこぼれていたりします。

次の上映までにきれいにする必要があるため、テキパキと掃除をする必要があります。

立ち仕事

映画館バイトは、どの担当をするにしても基本は立ち仕事です。座り仕事はありません。

やはり立ちっぱなしは辛く、足や腰に負担がかかりますが、疲れにくい靴を履くなどして体への負担をできるだけ軽減するよう工夫しましょう。

時給が低め

映画館バイトの時給は900円~1,000円と、低めのところが多いです。

しかし、22時以降は時給が125%に上がることが法律で定められています。

効率よく稼ぐなら深夜帯の募集をしている映画館に応募するのもポイントです。

映画館バイトに向いている人

映画館バイトに向いている人

体力に自信がある人

映画館のどのポジションで仕事をするにしても、映画館バイトには意外と体力が求められます。忙しい時間帯でもテキパキ動いたり、勤務時間中は常に立ちっぱなしの状態が続くため体力がないと苦労します。

しかし、数か月も働けば次第に慣れてきますので、段々と疲れを感じにくくなっていくはずです!

社交的な人

映画館バイトの主な仕事は接客業なので、お客さんへの対応がメインになります。そして映画館に来るお客さんの層は幅広いので、社交的で、老若男女問わずコミュニケーションをとるのが得意で、お客さんをもてなすことに喜びを見出せる人に向いているといえます。

臨機応変な接客ができる人

週末や人気作品の公開日など、映画館は混み合うことが多々あります。映画館が混み合えば当然イレギュラーな場面も出てきますが、臨機応変にとっさの判断で対応する必要があります。特に直接お客さんと関わることが多い映画館バイトでは、その場面に応じて柔軟に対応することが必要です。

最後に

映画館バイトは意外と体力仕事で忙しいことも多いですが、その分メリットや得られるものも多いので、この機会に是非映画館バイトにチャレンジしてみてください!

特に映画好きな人は働いて損することはありませんよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました