【きついって本当?】新聞配達バイトって実際どうなの?新聞配達バイトで働こう!

新聞配達バイト 未分類

新聞配達バイトについて、あなたはどのようなイメージをお持ちでしょうか。

「朝がかなり早いのでつらそう」「天気が悪い日は大変そう」など、人によってさまざまな印象をお持ちでしょう。

では、実際の新聞配達バイトの仕事内容はどのようなものなのでしょうか。

この記事では、新聞配達バイトの仕事内容だけでなく、新聞配達バイトのメリット・デメリット、どんな人に向いているかについてもご紹介します。

実際に新聞配達バイトへの応募を検討するときに、参考にしてみてください。

新聞配達バイトの仕事内容

新聞配達バイトの仕事内容

新聞配達バイトの主な仕事内容は3つあります。それぞれご紹介します。

荷降ろし

印刷所からトラックで到着した新聞を荷台から下ろし、新聞販売店の中まで運びます。束になった新聞が大量に届くため、けっこう体力を使います。

折込チラシの作業

広告チラシを新聞の中に折り込んでいく作業です。機械で行うところが多いですが、新聞販売店によっては一部ずつ手作業で折り込むところもあります。

朝刊・夕刊の配達

新聞配達スタッフがバイクや自転車に乗って、自分の割り当てられたエリアの各家庭に新聞を配達します。

朝刊・夕刊」の両方を配達する場合もあれば、「朝刊だけ」「夕刊だけ」を配達する場合もあります。自分の生活に合った勤務スタイルを選びましょう。

ちなみに、「朝刊」「夕刊」それぞれの勤務時間帯は以下のようになります。

朝刊の勤務時間帯

平均すると3:00~5:30頃までの2~3時間程度です。

朝刊は購読者数が多く、広告チラシの折り込み作業もあるので、夕刊の勤務に比べると長時間の勤務になります。

夕刊の勤務時間帯

平均すると14:00~16:00頃までの2時間程度です。

夕刊は朝刊と比べて購読者が少なく、広告チラシの折り込み作業もほとんどないので、短時間で仕事が終わります。

新聞配達バイトのメリット

ひとりでマイペースに仕事ができる

他のスタッフとの必要最低限のコミュニケーションは必要となりますが、新聞配達中は完全に一人になれるのでマイペースに仕事ができます。

自分のペースで気軽に働きたい人におすすめです。

規則正しい生活習慣が身につく

朝刊配達の場合、バイトの日の起床時間は午前2時~2時半頃になります。

バイトの日は強制的に起きなければならないので、数か月新聞配達バイトを継続すれば、自然と規則正しい生活習慣が身につきます。

最初は慣れるのに苦労しますが、一度慣れてしまえば早寝早起きが基本の毎日となり、健康的な生活スタイルが確立できますよ。

未経験でも大丈夫!

新聞配達バイトは、最初のうちは先輩スタッフと一緒に配達区域を回りながら、新聞配達のイロハをマンツーマンで教わることができます。

また、一度配達場所を覚えてしまえば、あとは毎日同じことを繰り返すだけの単純作業なので、未経験の人でも安心して仕事を始められますよ。

就活で自己PRに使える

凍えそうに寒い日や、豪雨の降りしきる日でも関係なく、みんなが寝ている早朝から仕事を行う新聞配達バイト。

世間一般的に、地味できつそうなイメージのある新聞配達バイトを長期間続けられれば、就活の面接の際に「毎日コツコツ地道な努力を継続できる」「どんな状況でも責任感をもって仕事をやり切る力がある」などと自信を持って自己PRすることができますよ。

新聞配達バイトのデメリット

新聞配達バイトのデメリット

天候の影響を受ける

雨や雪などが降る日の新聞配達は、新聞が濡れないよう一部ずつビニール袋に入れたりと、いつもより配達時間や手間がかかってしまい大変です。

簡単に休みづらい

新聞配達バイトは、配達する地域が担当ごとに割り振られているので、急な予定が入った時などに簡単に休みづらい環境にあります。

ミスがあれば苦情がくる

「新聞が届いていない」「新聞が雨でびっしょり濡れている」などのミスがあった場合、お客さんから新聞販売店に苦情の電話がかかってくることがあります。

とにかく朝が早い

朝刊配達の場合、みんなが寝ている朝2~3時に起きなければなりません。

冬の早朝は特につらく、早寝早起きの生活リズムが習慣づくまではどうしても苦労します。

精神力を鍛えると思って、生活リズムに慣れるまでの最初の数か月を乗り切りましょう。

新聞配達バイトに向いている人

新聞配達バイトに向いている人

忍耐力や精神力がある人

朝刊の新聞配達は朝起きるのがつらく、毎日が自分との戦いになります。

眠い目をこすりながら早朝に起きてバイトに行くことは、かなりの忍耐力・精神力を要します。

そのため、忍耐力や精神力がある人でないと新聞配達バイトを続けることは難しいでしょう。

責任感がある人

新聞配達バイトは、配達する地域が担当ごとに割り振られているので、急な用事があっても簡単には休めませんし、どんなに眠たい日でも必ず出勤して仕事をしなければなりません。

そのため、新聞配達バイトは自分の仕事に責任感を持って仕事ができる人に向いているといえます。

自己管理ができる人

朝刊の新聞配達バイトは、毎日早朝の決まった時間に起きて出勤する必要があり、そのためにはバイトの前日に夜更かしをしたりすることはできません。

自分に厳しく、自己管理ができる人でないと新聞配達バイトを継続するのは難しいでしょう。

最後に

新聞配達バイトはとにかく朝が早いため、慣れるまでの最初の数か月はみんな苦労します。

しかし、いったん早寝早起きの生活習慣が身についてしまえば、早朝に起きることも段々と苦ではなくなってきます。

目覚まし時計に頼らなくても、起床時間になれば自然と体が勝手に起きてくれるようになりますよ。

生活習慣が乱れてしまって、規則正しい生活習慣を身につけたい人にぜひおすすめしたいバイトです。

新聞配達バイトに興味を持たれた人は、この機会に是非チャレンジしてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました