【人気】週一でできるおすすめバイト5選【大学生】

100円ショップバイトの仕事内容 未分類

友達と遊んだり、デートしたり、普段の生活費など大学生は何かとお金が必要です。

そこで、ちょっとしたお小遣い稼ぎをしたり、生活費が足りなくなった大学生には、一週間に1回だけ働く「週一バイト」がおすすめです。

週一バイトでも、月に数万円は稼げますので馬鹿にできません。

本記事では、大学生におすすめの週1からできるバイトをご紹介します!

ぜひバイト選びの参考にしてみてください。

ウーバーイーツバイト

ウーバーイーツ

ウーバーイーツバイトは、空いた時間で働きたい時に働くというスタイルなので、自分の予定に合わせて自由に働けるのが最大の魅力です。

なので、週一バイトにはうってつけのバイトといえます。

ウーバーイーツバイトの仕事内容は、「料理の注文をアプリ経由で受け、出来上がった料理をお客さんに届ける」ことです。移動は主にバイク、自転車を使用します。

時給換算すると、大体1,000円~2,000円も稼げます。

ウーバーイーツは、エリアごとに営業時間が決まっており、通常は「午前9:00~午前0:00」まで利用できます。

試験監督バイト

試験監督バイト

試験監督バイトのほとんどの案件が各試験ごとの募集であり、基本的に単発(1日)なので週一バイトにおすすめです。

試験監督バイトは、さまざまな試験会場において試験監督を行います。

具体的には、「試験会場の準備」「受験者の誘導」「試験前の説明」「答案の準備、配布、回収」「試験中の見回り」が主な仕事内容です。

試験監督バイトの平均時給は、1,000円~1,500円前後です。

バイトスタッフは、試験時間中に受験者を監督しますが、基本的に暇で体力的にかなり楽です。

コミュニケーションが好きな人や、仕事中に動き回りたい人には物足りないかもしれませんが、楽をしたい方にはぴったりのバイトです。

交通量調査バイト

交通量調査バイト

交通量調査バイトは、基本的に単発(1日)なので、週一バイトにおすすめです。

交通量調査バイトの主な仕事内容は、「カウンターで交通量をカウントする」だけです。

カチカチとボタンを押すだけでOKで、特別なスキルを必要とされないのですぐに覚えることができます。

間違ってカウントしても誰も指摘しませんし、それほど細かいことは言われないので、気軽にできるバイトといえます。

また、交通量調査のバイトは、人と関わる必要がないので、コミュニケーションが苦手な人には特におすすめです。

交通量調査のバイトは気軽にできて楽な仕事なので、1日でも予定が空いている人は、ぜひ一度経験することをおすすめします。

イベントバイト

イベントバイト

イベントバイトは、基本的に単発(1日)なので週一バイトにおすすめです。

派遣会社に登録しておけば、急に予定の空いた日でも仕事に入ることができます。

予定の空いたときにパッと仕事をしたい人には良い仕事ですね。

イベントバイトの仕事は、「会場の設営」「イベントの運営」「受付」に分かれており、それぞれ仕事内容が異なります。

男性はほとんどの場合、会場の設営に配属され、女性はイベントの運営や受付に配属されることが多いです。

いずれに配属されても、常に複数人と協力して一つのイベントの成功に向けて仕事をするので、個人主義の人には向いていません。

逆に、人とコミュニケーションをとりながら仕事をしたい人や、みんなで共通のゴールに向かって仕事をしたい人にとっては、天職といえるでしょう。

1日の仕事が終わった時の達成感は格別ですよ。

サンプリングバイト

サンプリング

サンプリングバイトは、拘束時間が比較的短く、短期でできるバイトです。

単発(1日)なので、週一バイトにも当然おすすめです。

サンプリングバイトとは、駅や店頭などに立ち、その場を通る人たちに商品のサンプル(飲食物や化粧品、たばこなど)や、広告の入ったティッシュ、フリーペーパーなどを手渡す仕事です。

サンプリングは、企業の商品やサービスを世の中の多くの人に周知することが目的で、多くの人が集まる駅前や繁華街、イベント会場などが主な仕事場になります。

会社員の朝の出勤時間や、夕方の帰宅時間に配ることが多いです。

必要なのは、明るさと元気さのみで、他に必要な知識・経験は一切いりません。

どんな人がサンプルを受け取ってくれるかなどを観察してみることで、人間観察力も磨けますよ。

最後に

今回は、「空いた時間をお金に変える」ことをコンセプトとして、大学生におすすめの週一バイトをご紹介しました。

週一なので、それほど体への負担も無く気軽にバイトができます。

ぜひバイト選びの参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました