すぐに使える!バイトを辞める理由6選

退職 未分類

せっかく始めたバイトでも、自分に合わなくて辞めたいと思うことって誰にでもあります。

実際にバイトを辞めると伝えると、必ずどんな理由で辞めるのか聞かれます。

バイトを辞める理由は基本的に何でもいいのですが、それでも気を使うものです。

どうせ辞めるなら、辞めた後に街でバッタリ店長に会っても気まずくならない、後ろめたさが残らないように気持ちよく辞めたいものです。

そこで本記事では、できるだけバイトを円満に辞められるような現実的な6つの理由に絞って、ご紹介します。

バイトを辞めることを検討している方は是非参考にしてみてください。

学業に専念したい

勉強

学生が勉強に専念したいという理由でバイトを辞めたいと申し出てきた場合、上司は勉強よりバイトを優先しろと強制することはまずないでしょう。

学生の本分は勉強ですから当然です。

角が立たない退職理由として、大半の学生が使っている退職理由になります。

ただ、万が一「働きながらでも勉強できるじゃないか」と言われて、引きとめられることもあります。

そうならないように、仕事と勉強の両立が困難であること、本気で勉強したいという熱い思いをきちんと伝えましょう。

引越しするのでバイトに通えない

引越し

引越しをしてバイト先から離れた場所に住むことになったと言うと、大抵の場合は納得してもらえます。

引越し先を言う場合は、バイト先に頑張っても通えないような、できるだけ遠目の場所を言いましょう。

万が一バイト先の人と遭遇しても、自分から「実は引越しというのはうそだったんですよ、、」と弁解する必要は全くありません。

たまたま実家に帰ってきただけなんですよと適当に濁してしまいましょう。もうあなたの人生には関係のない人ですから、神経質に考える必要はありません。

他にやりたい仕事が見つかった

単純に「他のバイトがしたい」と言われると、「ウチの仕事が嫌なんだな、、」と受け取る人もいます。

そこで、「将来目指す仕事のため、今から経験を積んでおきたい」、「学生のうちに様々な仕事を経験しておきたい」といったように、少しニュアンスを変えて相手が嫌な気持ちにならない配慮をしましょう。

これだけでも受け取る側の気持ちは大きく変わってくるものです。

退職日まで良好な人間関係を維持したいなら、こういった少しの配慮も心がけましょう。

家族の介護などの家庭の事情

高齢者の体調は急に変わるので、急に仕事を辞める理由として周りから理解されやすい退職理由といえます。

家族を理由にしているので、本人の努力ではどうにもならないことです。

こういったプライベートな領域の退職理由の場合、引き止められる可能性も少ないです。

病気

バイトを辞める際の理由として使われやすい病気の種類には、主に以下のようなものがあります。

  • 体調不良
  • 感染症
  • 長期の手術・通院
  • 急性腸炎   

「治療に専念したい」「療養の期間が欲しい」ことを添えて伝えるのも効果的です。

無理に仕事を続けさせて病気が悪化してしまった場合のことを考えれば、無理な引き止めにあうこともないでしょう。

退職理由としては通りやすいといえます。

また、バイトを病気が理由で辞める際に、バイト先に診断書の提出の必要はありません。

診断書の提出を義務付ける法的根拠もありません。

一身上の都合

深い事情は言わず、「一身上の都合」でも退職できます。

本来、「労働者はいつでも自由に退職を申し出ることが出来る」(民法627条)ので、バイト先に細かい退職理由を伝える必要はありません。

どうしても嘘を言いたくなかったり、上手い退職理由が見つからないような場合は、シンプルに「一身上の都合」で退職するのも全然アリです。

最後に

バイト先にとっても辞める側にとっても、お互いに嫌な気持ちにならないために、今回ご紹介した退職理由をぜひ参考にしてみてください。

働く中で双方いろいろ思うことはあったにせよ、せめて最後はお互いに気持ちよく別れられるように、お互いのことを考えた大人の対応を目指しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました