【暇?きつい?】靴屋バイトの面接での志望動機や仕事内容を解説!

靴屋バイト 未分類

靴屋バイトについて、あなたはどのようなイメージをお持ちでしょうか。

「お客さんが来ないときは暇そう」「靴やおしゃれに詳しくなれそう」など、人によってさまざまな印象をお持ちでしょう。

では、実際の靴屋バイトの仕事内容はどのようなものなのでしょうか。

この記事では、靴屋バイトの仕事内容だけでなく、靴屋バイトのメリット・デメリット、さらに、志望動機などの面接対策についてもご紹介します。

実際に靴屋バイトへの応募を検討するときに、参考にしてみてください。

靴屋バイトの仕事内容

靴屋バイトの仕事内容

靴屋バイトの主な仕事内容は、以下のようになります。

  • 靴の販売
  • レジ打ち
  • クリーンネス

それぞれの仕事内容を解説していきます。

靴の販売

お客さんの足にぴったり合う靴を選ぶためにいろいろな靴を試着してもらい、十分に納得してもらった上での購入につなげます。

靴屋バイトの接客においては靴の知識が必須です。お客さんの購買意欲を上手に刺激するには、それぞれの靴のセールスポイントを理解している必要があります。

靴の知識のほかにも、フィッティングの知識、偏平足などの足の健康に関する知識、靴のお手入れの知識、ファッションの知識などが備われば、よりお客さんからの信頼が得られます。知識が増えればお客さんの悩みを解決することができるようになり、感謝されることも多くなります。

レジ打ち

他の業種のレジ打ち業務と大差ありません。レジ打ち経験があれば、即日で仕事がこなせるでしょう。 レジ打ち未経験の人でも、数日で慣れることができますので心配いりません。

クリーンネス

お店の清掃や、展示している靴をキレイな状態に保っておくことも仕事の一つです。展示している靴は常にほこりをかぶっていますので、汚れてきたらタオルなどで拭き取ってあげます。

特に革製品はデリケートなので、劣化が進まないよう、靴クリームなどで定期的にお手入れをしてあげます。

クリーンネスを欠かさずこまめに行うことで、お客さんに気持ち良く買い物してもらいましょう。

靴屋バイトは「暇」?「きつい」?メリットについて解説

靴屋バイトのメリット

メリット①暇なことが多い

靴屋は、接客業の中では比較的お客さんが少ない方なので暇な時間が多くなります。

せかせか忙しく働きたくない人には向いているバイトといえます。

メリット②靴が社員割引で買える

割引額はバイト先によって異なりますが、自分のお店で売っている靴を社員割引で購入できます。社員割引制度はほとんどすべての靴屋であるといっていいでしょう。やはり靴屋で働いていると、最新モデルなど欲しい靴も増えていきますので、よく社員割引が利用されることが多いです。

靴が好きな人にとっては、かなりうれしい特典ですね。

好きな靴に囲まれながら仕事ができて、さらに好きな靴を安く買えるのは靴家バイトの大きなメリットです。

メリット③自分に合った靴を見つけられる

靴のフィッティングを経験することで、靴を選ぶ際の判断力が磨かれ、自分に合った靴も見つけやすくなります。

自分に合った靴を見つけることで、靴ずれなど自分の足を痛めてしまうリスクを防ぐことができますよ。一生涯役立つスキルが獲得できますね。

メリット④セールストーク力が身につく

靴屋バイトを経験することで、セールストーク力が身につきます。

商品に興味を持ってもらうにはどんな話し方をしたらいいか、商品のどの魅力を伝えればお客さんの購買意欲を刺激できるかを日々試行錯誤することで、セールストーク力が確実に上がっていきます。

いろんな言い回しや表現を試して自分のスタイルを確立させていけば、売上という結果も必ずついてきますよ。

お客さんが何を求めているのか必死に試行錯誤した経験はどんな仕事にも活かすことができます。必ず将来あなたの役に立ってくれるでしょう。

靴屋バイトはきつい?デメリットについて解説

靴屋バイトのデメリット

デメリット①お客さんとのコミュニケーションが多い

靴屋バイトは、お客さんとのコミュニケーションが多い仕事です。お客さんの足にぴったり合う靴を選ぶためにいろいろな靴を試着してもらうことが多いため、接客時間も長くなりがちです。

お客さんとのコミュニケーションが苦手な人にとってはデメリットといえます。

デメリット②体力的にきつい

靴屋バイトは、他の接客のバイトと同様に常に立ちっぱなしの状態なので、足腰に負担がかかります。また、商品の棚卸しや在庫管理をする際には、商品の詰まった段ボールを持ち運びしなければならず体力を消耗します。

疲れてきたら、隠れたところでストレッチや簡単なマッサージをするなどして体への負担を軽減するよう努めましょう。

靴屋バイトの面接での志望動機の例文

靴屋バイトの志望動機

靴屋バイトの面接で使える志望動機3つをご紹介します。 ぜひ参考にしてみてください。

面接で使える志望動機①ブランドが好き

「私は以前からこちらのブランドのデザインが好きで、プライベートでも愛用しています。アルバイトを考えたとき、大好きな商品に囲まれて仕事をしたいと思い、こちらのお店を志望しました。以前に来店した時にもスタッフの方が靴の選び方を丁寧に教えてくれ、納得できる靴を選ぶことができました。こちらのお店のスタッフのような、親身でお客様に寄り添った接客を目指して頑張りたいと思います。」

面接で使える志望動機②接客業の経験がある

「アパレル販売のバイト経験があり、その接客経験を活かせればと思い志望しました。こちらのお店の明るい雰囲気と商品が好きで、よく利用させていただいています。私自身、靴が大好きで、靴の知識が豊富だと自負しています。これまでの接客業での経験を活かし、こちらのお店の靴の良さをより多くのお客様に伝えていきたいと考えております。」

面接で使える志望動機③コミュニケーション力がある

「外交的な性格なので、初対面の人に話しかけることも抵抗がありません。こちらのお店でいつもスタッフの方にアドバイスをもらって靴を購入していますが、いつ来店しても明るくさわやかに接客していただき、靴選びについて的確なアドバイスをしてくれます。私もみなさんの仲間になり、みなさんと一緒に素敵な接客を提供できたらと考えています。持ち前のコミュニケーション力を活かして頑張ります。」

最後に

靴屋バイトは、基本的に立ち仕事であり体力的にきついこともあります。

しかし、好きな靴が社員割引で買えたり、靴に関する知識が学べたりと、靴が好きな人にとってはメリットが多いバイトです。

興味があれば、この機会にぜひ靴屋バイトにチャレンジしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました