看板持ちバイトって実際どうなの?看板持ちバイトで働こう!

看板持ちバイト 未分類

看板持ちバイトについて、あなたはどのようなイメージをお持ちでしょうか。「看板を持ってるだけなので楽そう」「暇そう」など、人によってさまざまな印象をお持ちでしょう。

では、実際の看板持ちバイトの仕事内容はどのようなものなのでしょうか。

この記事では、看板持ちバイトの仕事内容だけでなく、看板持ちバイトのメリット・デメリット、どんな人に向いているかについてもご紹介します!

実際に看板持ちバイトへの応募を検討するときに、参考にしてみてくださいね!

看板持ちバイトの仕事内容

看板持ちバイトの仕事内容

看板持ちバイトの仕事は看板を持っているだけです。立ちっぱなしの現場もありますが、イスに座ってもいい現場も多いです。

看板を持っている以外、本当に何もしなくていいのでこれほど楽な仕事はありません。

看板持ちバイトのメリット

看板持ちバイトのメリット

忙しくない

看板持ちバイトは、「忙しく働きたくない」「楽な仕事がしたい」人にとってうってつけの仕事といえます。

看板を持っているだけでいいので、忙しさとは無縁のバイトです。

圧倒的に楽!

看板持ちバイトは、看板を持っているだけの仕事です。

こんなに簡単で楽な仕事はめったにありません。

対人関係のストレスがない

仕事で感じるほとんどのストレスは人間関係です。その点、看板持ちバイトはずっと1人での仕事で人と関わることがないので、わずらわしい人間関係が苦手な人におすすめです。

一日中、誰かと一切会話をすることなく仕事を終えることも可能です。嫌味な上司や先輩もいないし、理不尽なお客さんもいません。気楽に仕事をすることができます。

単発バイトなので気楽に働ける

看板持ちバイトは単発のバイトになるので、指定の日時に集合して、指定の時間で終わることがほとんどです。仕事もその日で終わるので、気持ちがすぐにリセットでき、翌日以降に引きずることなく気楽です。

未経験でもはじめやすい

看板持ちバイトは看板を持っているだけの仕事内容なので、難しいことは一切無く、未経験でもはじめやすいです。バイトデビューの人にもおすすめといえます。

仕事内容が簡単

看板持ちバイトは、覚えることがほとんどなく非常に簡単なバイトです。なので、煩雑な仕事の手順・マニュアルを覚えたくない人、頭を使う作業をなるべく避けたい人にとっては、メリットが大きいバイトといえます!

看板持ちバイトのデメリット

看板持ちバイトのデメリット

天候の影響に左右される

看板持ちバイトは、基本屋外での仕事です。

空調の効いた快適な室内に比べて、もろに自然の影響を受けるハードな環境になります。

夏は暑いし、冬は寒い、雨や雪、強風が吹いても耐え忍ぶしかありません。冬であれば、マフラーや手袋、ニット帽、カイロなどの防寒具は必須になります。ヒートテックを重ね着したり、着ぶくれするくらい厚着するのが丁度いいと思います。逆に、夏は炎天下での仕事となるので、水分をこまめにとるなど、熱中症への対策が必要です。

看板持ちバイトは、もろに自然の影響を受ける反面、天候が良い日にうまく当たれば最高のバイトといえます!

暇で時間の流れが遅く感じる

看板持ちバイトは、看板を持っているだけで新たな刺激がないため、時間が経つのがかなり遅く感じます。ただ、現場によっては片耳だけならイヤホンを付けても良いところがあります。そんなラッキーな現場に当たれば、気楽に音楽でも聴きながら暇をつぶせますね。

スーツ着用の現場が多い

看板持ちバイトは、不特定多数のお客さんの前に立つバイトのため、最低限の身だしなみを整える必要があります。清潔感のないだらしない恰好はNGです。

また、看板持ちバイトは不動産会社からの依頼が多い仕事のため、男女問わずスーツ着用が必要な現場が多いです。

看板持ちバイトに向いている人

看板持ちバイトに向いている人

観察好きな人

看板持ちバイトは、暇すぎて時間が経つのが遅く感じるのが最大のデメリットです。

しかし、人間や車等の観察が趣味の人であれば、この暇な時間を趣味の時間に変えることができます!

孤独が好きな人

看板持ちバイトは、基本的に一人で孤独な仕事です。

人付き合いが苦手で、だれとも関わることなく孤独に仕事をしたい人に向いているといえます!

最後に

看板持ちバイトはあまりにも楽で簡単な仕事内容のため、非常に人気が高いです。案件によってはあっという間に定員に達して締め切られてしまいます。

看板持ちバイトの求人を常にチェックし、募集があれば速攻で応募しましょう。

この機会に是非、看板持ちバイトにチャレンジしてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました