【スキルアップ】大学生におすすめの成長できるバイト3選

成長できるバイト 未分類

バイトを始める理由は大半の人が「お金を稼ぐため」だと思いますが、それ以外にも「社会経験を積むため」や「成長するため」などバイトをする理由は人によってさまざまです。

バイト選びの基準は人それぞれだとは思いますが、どうせやるなら今後の人生において「自分の財産となる・自分が成長できるバイト」に挑戦したいですよね。

何かにチャレンジすることで、人は「気付き」を得るものです。

特に多感な学生時代にバイトをすることで、社会の一端を知ることができ、より多くの気づきが得られ自分の成長につながります。

バイトを通して成長することができたなら、その経験を就活時の面接で語ることもできます。

面接官からしても、「働いて得た経験」というのは、今後会社で働くことにダイレクトにつながるため、非常に大きな関心をもってくれますよ。

そこで今回は、バイトを通じて成長したい人におすすめのバイトを3つご紹介します。

家庭教師・塾講師バイト

家庭教師バイト

家庭教師や塾講師といった「教える仕事」をするバイトには、大きく2つのメリットがあります。

教える仕事のメリット1

まず1つ目のメリットは、「人にものを伝える技術」を身につけることができます。

人にものを伝えることって案外難しいです。

自分が理解していても、それを自分と同じように他人に理解してもらうことの難しさは、自分が教える立場になってはじめて気づくものです。

家庭教師や塾講師をすると、自分の理解していることを理解していない相手に対して、分かりやすく伝えなければなりません。

そのため、「教える仕事」を継続すれば自然と説明上手になれます。

人にものを伝える技術は社会人になって会社で働くようになっても、必ず活きるスキルです。

教える仕事のメリット2

2つ目のメリットは、「問題解決能力」を身につけることができます。

家庭教師や塾講師は、生徒それぞれの課題を把握し、ゴールを設定し、どうすれば生徒がゴールに到達できるかを自分の判断で計画・実行することができます。

それぞれの生徒の性格や苦手を理解した上で、うまく生徒との関係性を作りながら、成績を伸ばすためにはどうしたらいいかを本気で考えていきます。

決まった正解が無い中で、自分が試行錯誤し得た経験は自分を大きく成長させてくれます。

これは、与えられた業務を単純にこなすだけの普通のバイトでは経験できないことです。

問題解決能力は社会人必須のスキルです。ぜひ学生のうちに習得しておきましょう。

テレアポバイト

コールセンターバイト

テレアポバイトは、企業の商品やサービスを知らないお客さんに電話を掛け、「アポイントを獲得したりセールスを行う」仕事です。

テレアポバイトは、相手の表情や仕草を見ることができないため、電話を通じてお客さんに分かりやすく話をすることが求められます。

多い日には1日500件以上の電話を架けることもありますので、継続するうちに膨大な数の電話でのコミュニケーションをすることになり、その分コミュニケーション能力が自然と身についていきます。

試行錯誤しながら営業成績を追求していくうちに、相手の隠れた意図を理解する力や、相手に伝わるように論理的に話す力が自然と磨かれます。

テレアポバイトを通じてコミュニケーション能力を洗練することで、どんな場面でも応用の効くスキルになります。

電話応対は社会人の基本でもあるので、学生のうちから電話慣れしておけば、同期に一歩差をつけつことができますよ。

飲食店のホールバイト

居酒屋バイト

飲食店でホールのバイトをすることで、接客スキルを身につけることができます。

お客さんに笑顔で接すること、細やかな気遣い、クレームへの対応などのさまざまな経験をすることで、接客スキルが磨かれます。

現場で経験を積んで接客スキルを磨くことで、さまざまな場面での臨機応変な対応力も身につきます。

基礎的な対応力や臨機応変な対応力が向上すれば、どんなタイプのお客さんに対しても満足してもらえるサービスを提供できるようになります。

また、どうしたらお客さんに満足してもらえるかをお客さんの立場に立って考えることで、お客さんが何を求めているのか、何に満足してくれるか自然と見えてくるようになります。

丁寧な言葉遣いや、対人マナー、臨機応変な現場での対応力、相手が何を求めているかを把握する能力は社会人として必須のスキルです。

是非飲食店のホールバイトでこれらのスキルを磨いておきましょう。

最後に

今回は、成長できるおすすめバイトについてご紹介しました。

今回ご紹介したスキルは、社会人として働くうえで必須のスキルです。

バイトでたくさんの経験値を積んで、スキルの磨かれた立派な社会人を目指してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました