【楽】交通量調査バイトって実際どうなの?交通量調査バイトで働こう!【単純作業】

交通量調査バイト 未分類

交通量調査バイトについて、あなたはどのようなイメージをお持ちでしょうか。「楽そう」「暇そう」など、人によってさまざまな印象をお持ちでしょう。

では、実際の交通量調査バイトの仕事内容はどのようなものなのでしょうか。

この記事では、交通量調査バイトの仕事内容だけでなく、交通量調査バイトのメリット・デメリット、どんな人に向いているかについてもご紹介します!

実際に交通量調査バイトへの応募を検討するときに、参考にしてみてくださいね!

交通量調査バイトの仕事内容

交通量調査バイトの仕事内容

「交通量調査」とは、車両や自動車、歩行者などの交通量をカウントする仕事です。調査によりますが、車両は【大型車両・乗用車・バイク】のように車種で分けて計測することもあります。交差点、商店街、繁華街等の様々な場所で行われています。

基本的な業務内容はカウンターで交通量をカウントするだけです。カチカチとカウンターのボタンを押すだけでOKです。

仕事自体は単純作業なので、すぐに覚えることができ未経験者でも1時間もすれば慣れてスムーズに仕事ができるようになります。正直、数台カウントを間違えても誰も分かりません。慣れるまでは自分のペースでできる限り正確にカウントすることを目標にしましょう。

交通量調査バイトのメリット

交通量調査バイトのメリット

稼げる!

給料は日当でもらうことが多く、拘束時間に応じてもらえる日給金額は変わってきます。交通量調査員の拘束時間は主に8時間、12時間、24時間の3タイプがあり、8時間の場合の日給は1万~1万2,000円、12時間の場合の日給は1万2,000~1万5,000円、24時間の場合の日給は2万円前後です。時給換算すると1,000円~1,500円程度になります。

簡単すぎる仕事内容に対して貰える給料が高いので、かなりコスパが良いバイトといえます。

金欠で、即金でお金が欲しい方には是非おすすめします!

交通量調査バイトは、椅子に座ってカチカチとボタンを押してカウントするだけの仕事です。こんなに簡単で楽な仕事は他にありません!

対人関係のストレスがない

仕事で感じるほとんどのストレスは人間関係です。その点、交通量調査バイトは、人と関わる必要がないので接客が苦手な人や、人と話すのが苦手な人には特におすすめです。

一日中、誰かと一切会話をすることなく仕事を終えることも可能です。嫌味な上司や先輩もいないし、理不尽なお客さんもいません。気楽に仕事をすることができます。

交通量調査バイトのデメリット

交通量調査バイトのデメリット

夏は暑くて冬は寒い

交通量調査は、基本屋外での仕事です。

空調の効いた快適な室内に比べて、もろに自然の影響を受けるハードな環境になります。

夏は暑いし、冬は寒い、雨や雪、強風が吹いても耐え忍ぶしかありません。冬であれば、マフラーや手袋、ニット帽、カイロなどの防寒具は必須になります。ヒートテックを重ね着したり、着ぶくれするくらい厚着するのが丁度いいと思います。逆に、夏は炎天下での調査となるので、帽子をかぶる・水分をこまめにとるなど、熱中症への対策が必要です。

もろに自然の影響を受ける反面、気候が良い日にうまく当たれば、最高のバイトといえます!

時間が経たない

交通量調査バイトの仕事は、同じことの繰り返し作業で単調です。新たな刺激がないため、時間が経つのがかなり遅く感じます。人や車を数える以外に、妄想するなど何かしら考えることで暇な時間を乗り越えましょう。

交通量調査バイトに向いている人

交通量調査バイトに向いている人

観察好きな人

交通量調査バイトは、暇すぎて時間が経つのが遅く感じるのが最大のデメリットです。

しかし、人間等の観察が趣味の人であれば、この暇な時間が趣味の時間に変わってしまいます!

車や人間など、観察対象はさまざまあります。観察しまくることで1日があっという間に過ぎ去ってしまうことでしょう。観察好きな人にとっては天職といえますね!

孤独が好きな人

交通量調査バイトは、基本的に誰とも関わることなく一人で孤独に黙々とこなす仕事です。

人付き合いが苦手で、だれとも関わることなく孤独に仕事をしたい人に向いているといえます!

最後に

交通量調査バイトは非常に人気が高いので、案件によってはあっという間に定員に達して締め切られてしまいます。

交通量調査バイトの求人を常にチェックし、募集があれば速攻で応募しましょう。

この機会に是非交通量調査バイトにチャレンジしてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました